三船病院は昭和28年7月1日精神科治療の主たる手段として開放的環境下における作業療法を実践することを目的に開設されました。昭和50年代後半まで作業療法を核とする院内精神科リハビリテーションはその規模とメニューの豊富さで全国的にも際立った存在でした。その後は時代の流れと共に作業療法はその手段を変遷させながら現在に至っています。
  一方で、三船病院は昭和50年代前半から地域精神医療に積極的に取り組み、昭和55年には四国で初めてのデイケアを開始し、住居支援活動や就労支援活動など幅広く院外リハビリテーションを展開させてきました。
  平成12年には応急入院指定病院としての認可を受け、平成16年からは香川県精神科救急医療システムの輪番病院として、香川県西半分の地域の救急医療を担っています。このように急性期医療から特徴あるリハビリテーションまで精神科におけるあらゆるニーズに応えてきました。

  昭和57年にアルコール症専門病棟を設立し、入院外来を通じてアルコール専門医療を実施しています。昭和63年には老年期認知症専門病棟を設立し、早くから認知症の専門医療を実施し、現在の老人性認知症疾患治療病棟「ローズ」の運営に至っています。平成15年には近代的精神科病棟「南館」を新築し、あらゆる精神科入院治療に対応できるようにしました。なかでもストレスケア病室ゾーンは主としてうつ病の患者様の専門病棟として機能しています。
  これら外来および入院機能をもつ医療機関である三船病院の関連施設として、昭和63年7月認可の福祉ホームに始まり、グループホーム、援護寮、地域生活支援センターを平成9年までに設立し、これらを統括する三愛会コミュニティケアセンターを運営しています。平成18年10月からは障害者自立支援法に基づく新体系の施設へと移行し、三船病院が積極的に取り組んでいる退院促進活動の受け皿としても機能しています。
  また、これら精神科施設とは異なる存在ですが、平成2年県下でも早い時期に老人保健施設「福寿荘」を設立し、現在介護保険対象の老人施設として地域のニーズに応えています。認知症をも対象としている施設です。
  このホームページを通じて、これら三船病院とその関連施設を紹介させていただきます。

                平成18年12月1日
                医療法人社団三愛会
                理事長 三船 和史